• japonican

福井駅近ホテル、ユアーズホテルフクイ。宿泊、結婚式、レストランなど

NEWS
お知らせ

img3

ホテル開業40周年記念 千住真理子ディナーコンサート

幻の名器デュランティと運命の出会いを果たした千住真理子が奏でる美しく上品な響き

場所 ユアーズホテルフクイ4階 芙蓉の間
開催日時 12月15日(日)
受付17:00 ディナー 17:30~18:45 / コンサート 18:45~19:45
料金 SS席 28,000円
_S席 24,000円
_A席 21,000円(お料理・お飲み物・税・サービス料込み)

 

プログラム

♪J.S.バッハ / 主よ、人の望みの喜びよ
♪モーツァルト  / アヴェ・ヴェルム・コルプス
♪シューベルト / アヴェ・マリア
♪ラフマニノフ / パガニーニの主題による狂詩曲より第18変奏
♪ショパン / 夜想曲 第2番
♪アイルランド民謡 クライスラー編 / ロンドンデリーの歌
♪ポンセ / エストレリータ ~小さき星に~
♪千住 明 / ラストナイト  他

 

プロフィール

img 千住 真理子(バイオリン)
2歳半よりヴァイオリンを始める。全日本学生音楽コンクール小学生の部全国1位。NHK交響楽団と共演し12歳でデビュー。
日本音楽コンクールに最年少15歳で優勝、レウカディア賞受賞。パガニーニ国際コンクールに最年少で入賞。2002年秋、ストラディヴァリウス「デュランティ」との運命的な出会いを果たし、話題となる。
2017年はブラームス没後120年記念「ドラマティック・ブラームス」をリリース。2020年はデビュー45周年を迎える。コンサート活動以外にも、講演会やラジオのパーソナリティを務めるなど、多岐に亘り活躍。
また、チャリティーコンサート等、社会活動にも関心を寄せている。著書は「聞いて、ヴァイオリンの詩」(時事通信社、文藝春秋社文春文庫)母との共著「母と娘の協奏曲」(時事通信社)「千住家、母娘の往復書簡」(文藝春秋社文春文庫)など多数。
千住真理子オフィシャル・ホームページ http://www.marikosenju.com/
img2 山洞 智(ピアノ)
4歳からピアノを14歳から作曲を学ぶ。 1993年東京芸術 大学大学院修了。
90年大学より安宅賞受賞。91年第60回日本音楽コンクール作曲部門首位、あわせて安田賞受賞。その後フランス政府給費留学生として渡仏。パリ国立高等音楽院にてさらに研鑽を積む。作曲と演奏の双方にわたり活動を展開、また両者をつなぐ新曲の初演も多数。
ピアニストとしては独奏以外でも、とくに室内楽分野で内外のトップアーティストの共演者として絶大な信頼を寄せられている。
97年8月に帰国。98年8月には国際交流基金派遣で南米ブラジル、アルゼンチンの各地まで演奏旅行にでかける。
現在、東京音楽大学准教授、東京芸術大学非常勤講師。

 

 

お電話でのご予約・お問い合わせ

=0120-76-3200

Webからのお問い合わせ